動物病院「経営お役立ち情報」シリーズ6 | iDeCoってやらなきゃ損? 編 PART2 平成30年5月2日

動物病院「経営お役立ち情報」シリーズ6 | iDeCoってやらなきゃ損? 編 PART2

前回のコラムではiDeCo(イデコ)の制度概要、税金のメリットについてご説明致しました。第2回目はiDeCo本来の金融商品の複利効果についてご説明致します。

私見も含めて誤解を恐れずに申し上げると「節税効果+複利効果」は院長先生の資産形成に本当に大きなインパクトを与えると考えております。

iDeCo 金融商品の複利効果

iDeCoは通常の金融商品と違い、分配金などの運用益は非課税ですが、その非課税の運用益を投資元本に自動的に再投資します。

投資元本に再投資することを「複利運用」と言います。 

例えば、年間3%で複利運用できたとすると・・・

・1年後  103%

・3年後  109.2%

・10年後  134.3%

・15年後  155.7%

・20年後  180.6%

元本が保証されている訳ではありませんので、マイナスになる年もあるかも知れませんが、上記の3%を大きく上回る年もあるかも知れません。

ただし、運用は長期にわたるほど元本増える可能性が高くなり、また複利効果が発揮されやすいと言えます。iDeCoは運用期間の長い制度ですので、金融商品の選択を吟味して長い目で見れば、複利効果を充分に享受できると考えます。

「節税効果 + 複利効果」驚きのシミュレーション

<院長先生の情報>

・開業獣医師(個人事業)

・40歳(60歳まで20年運用)

・課税所得 1,200万円(税金のかかる収入)

・iDeCo掛金 68,000円/月

・年間3%で複利運用できたとすると・・・

<複利効果>

20年後の運用資産の合計 = 22,226,102円

・積立元本        = 16,320,000円

運用益       =  5,906,102円

 

<節税効果>

 ̄…浩萓犬了業所得に対する課税

年間350,880円 × 20年 = 7,017,600円の節税!!

→ 所得税&住民税 合計 43.3%の場合

 

運用益に対する課税

 上記運用益に対する税金 1,199,824円が非課税!!

 

<効果合計>

・運用益   5,906,102円

・節税   7,017,600円

・節税◆  1,199,824円

合計    14,123,526円 の効果となります!!

 

以下、NTTデータさんのサイトを引用させていただきました。

ご自身でシミュレーションしてみて下さい。

https://www.wam.abic.co.jp/contents/C219528/dcsimu/top.html

 

このように、iDeCoは「節税効果+複利効果」で本当に大きなインパクトがあります。

当社ではiDeCoの導入、メリットや注意点のみならず、クリニック経営〜院長先生の資産形成も含めてご提案ができます。ご不安事、ご相談事ありましたらご遠慮なくお申し付け下さい。


関連記事
動物病院「経営お役立ち情報」シリーズ5 | iDeCoってやらなきゃ損? 編 PART1

×
サービス内容
上へ